読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもないような事ばかりを綴ります

無料期間だけ堪能しようと思ってたdマガジンが手放せなくなってしまった

電子書籍関連に全く興味がなかった自分が、何の気なしにお試し購読はじめたら手放せなくなってしまったのでした。




アプリはこちら

dマガジン

dマガジン

  • 株式会社NTTドコモ
  • ブック
  • 無料


ワタシ的メリット

1契約で複数台の端末で利用できる!

マルチデバイスとはどのような機能ですか?
dマガジンをご契約されている方が、dマガジンに対応した複数の端末(タブレットやスマートフォン)をお持ちの場合、各端末からdマガジンを利用できる機能です。1つのdocomo IDで5台まで利用することができます。

我が家では現在ワタシがiPhone6、奥様がiPhone5s、リビングにiPad2、ワタシの持ち歩き用にiPad3と4台のiOSデバイスが稼働中です。先日紹介した1歳児監視用にiPhone5がありますのでそちらも合わせると5台。どの端末からもdマガジンが利用できます。


配信雑誌は100誌以上!

なんとも膨大。ジャンルも多岐にわたるのでなかなか飽きさせません。その中でワタシが定期的に読んでいるのが

  • おとなの週末
  • 関西ウォーカー
  • GoodsPress
  • GetNavi
  • サッカーダイジェスト
  • 週刊アスキー
  • Tarzan
  • DIME
  • dancyu
  • 日経トレンディ
  • BiCYCLE CLUB
  • BE-PAL
  • footballista
  • 山と渓谷

これ全部毎号買ってたら月に1万円以上吹っ飛びますよね。しかも奥様は奥様で、色んな女性誌や週刊誌等を読んでいるようですので、これらが全部月400円で読めるのはお得感ハンパないです。


バックグランドダウンロード対応!

アプリに雑誌をダウンロードする際、初期設定では各記事ごとに誌面データがダウンロードされ、次の記事を読む際にその続きの記事がダウンロードされます。メニューの「ダウンロード設定」内「バックグラウンドダウンロード」をオンにすると、記事ごとではなく一冊丸ごとダウンロードする設定に切り替えることができます。長時間オフラインになる際などにご利用ください。


朝起きて雑誌一覧からダウンロードしておけば、電車の中でWi-fi無くても読めてしまう。端末内に溜め込んだ記事も簡単に削除できるのでメモリを圧迫することもないです。ずーっとネットに繋がってなくてもいいのが◎。



もちろんデメリットもある


雑誌の内容すべてが見れない

雑誌によりますが、総ページ数の3分の1ほどしか読めないものもあったりする。どうしても読みたいなと思う記事があれば、一旦本屋で立ち読みしてじっくり読みたいと思ったら購入するといった感じでしょうか。今のところ購入までは至っておりません。ハイ。


閲覧期間が過ぎたらキャッシュも削除!

ずっと手元に雑誌のダウンロードデータが置いておけるわけではなく、ある一定期間がすぎると読めなくなります。どうしても手元においておきたい雑誌であれば、やはり購入するわけです。でも結局読み返すこともあまり無かったりするので、スクショ撮ってEvernoteに記事クリップするような使い方をしております。









思いついたデメリットはこんぐらいです。


今なら初回31日間無料キャンペーン実施中です。
詳細はコチラに。




普段雑誌読まない人もとりあえずお試ししてみてもイイかも、です。