読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもないような事ばかりを綴ります

新たにトレランシューズを購入しました - montrail Bajada 2(マダラオイエロー)

トレランファーストシューズ

昨年から始めたトレイルランニング。最初のシューズとして選んだ「NEWTON BOCO SOL」ですが、さすがに傷みが目立ってまいりました。練習もレースもこの一足でこなしてきたので無理もないです。キャノンボール初参戦で無事に完走出来たのもこのシューズのおかげだったと思います。

爪先部分に割れが出てきたりアッパー部のメッシュにほつれが出てきていて、ソールのトレッドパターンもうすーくなっています。ロードで使ってみてもグリップが甘くなってるなぁと実感できる感じでした。




次のシューズは「montrail Bajada 2! そして恥ずかしげもなくマダラオイエロー」


はい、泣く子も黙る石川弘樹氏が開発に携わっているBajadaシリーズの2015年モデルです。

チームモントレイルのトレイルランナー、石川弘樹がプロディースする『斑尾フォレストトレイル』。このレースのフィールドである斑尾高原の黄葉をイメージし、石川弘樹氏監修のもと、2015年にアップデートしたバハダIIをカラーリング。今回は斑尾の黄葉に加え、秋晴れの青空とコース上から望む野尻湖をイメージした、鮮やかなブルーをミックスしました。
定評のある走破性をそのままに、全面アップデートしたバハダII。シームレスなミッドフットサポートフレームの改良により、足を包み込むフィット感を向上させました。反応性と弾力性に優れたFluid Foamミッドソールの採用で、プロテクションとフレックス性を両立した新しいバハダです。


おぉぉ...この字面だけでなんか凄さが伝わってくるではありませんか。で、いざART SPORTSへ向かいました。まぁ各社のトレランシューズが様々並んでおりますが、montrailコーナーへ一直線。置かれてる試着のシューズのサイズは26.5cm。即履く、跳ねる、捻る、伸ばす、鏡見る、購入決定! この間わずか5分でした。


f:id:ebixile:20150709002212j:plain


カッコイイ.....



で、早速会社の昼休みにシェイクダウンランしてみました。
最初は5分/kmでジグザグ走、階段の昇り降り、グランドの芝生部分を軽めのダッシュなどなど。2kmほど走った感覚では、足首のホールド感が抜群にイイです。NEWTONより重いかなと思っていたものの、走っていると逆に軽く感じるような。


で、ここから徐々にスピードを上げていき、グランドを出て社内のロードを4分/kmぐらいのスピードで1kmほど走ってみる。なんというか、ソールが地面をグッと掴んでるような感覚とでもいいましょうか。蹴り足がスムーズに前に出るので足さばきが非常に楽でした。いやぁこれはイイ靴ですよ。正直、シューズの違いが自分レベルのランナーでしっかりと判断できるもんなのかと思ったけれど、いや明らかに違いましたね。NEWTON BOCO SOLも軽くていいんですが、バハダに比べると若干着地時の横ブレ感が気になりました。走っててストレスを感じるほどではないですが、長距離ランの際には影響が少なからずあったと思います。




というわけで、今度の瀞川平はBajada2で臨みます!