読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもないような事ばかりを綴ります

第3回 姫ボタル・瀞川平トレイルラン詳細(2)

f:id:ebixile:20150712055323j:plain

スタート直前の風景。
いつもこうやって後ろの方にひっそりと佇んでます。
前の方に並んで後ろからプレッシャー受けるの苦手なんで。。。。

初めてのレースでコースもサッパリ分かりません。
とりあえず今回は5時間切りを目標に。


スタート→第1チェックポイントまで


スタート直後はほぼ平坦なロードで、すぐに木の殿堂への登りになります。そして施設の横からトレイルに入ります。広くて快適ですが、若干地面がぬかるんでました。森のなかを抜け、今上がってきた分を一気に下っていきます。

f:id:ebixile:20150713170523p:plain

この間の高低差は60mほど。序盤ですがこの区間で100人ぐらい抜きました。自分も坂に強い方ではありませんが、歩いてる方が多かったので小走りでススーッと。で、スタート地点前を通過してまたロードをひた走ります。そしてグッと下りきったところからトレイルへ。山中を進んでいくと最初のトイレがありまして、ここで1回めのピットイン。ちょっと並びましたがお腹のものを捻り出しました。10分弱ほどのロス。トイレを通過してさらに登ると瀞川稲荷に到着。見上げるほどの階段が続きます。


ここはリズムよく足を運んでスムーズにクリア。
途中で写真撮ってもらったり。

f:id:ebixile:20150713173516j:plain

ボランティアの撮影隊がそこかしこにおられて、結構な頻度で撮影してくれていました。これはありがたいサービスですね。


さて、瀞川稲荷を過ぎてからさらにひたすら上り、瀞川山頂を目指します。川を超え、ぬかるんだ階段をえっちらおっちら登ります。そしてそこを登り切るとひたすら長い直線砂利ロードに出ます。11~12km地点辺りですね。ここに来るまでの登りで足に疲労がたまって全然スピードが出せませんでした。

f:id:ebixile:20150713174432p:plain


このストレートが終わるとトレイルに入っていざ山頂を目指します。ずーっと細い道なので、よっぽど遅い方が道を譲ってくれない限りは追い抜きはムリですね。そのため多少渋滞してましたが、休むチャンスと思ってじっくりと集団についていきました。そして山頂到着。ここまでおおよそ1時間40分。まぁまぁなペースかな~と漠然と思いつつ気楽に写真撮影など楽しんで山を降りていきます。

https://instagram.com/p/5A1pMsRTD1/


瀞川山頂を過ぎると、第1チェックポイントとなる鉢伏山の麓に向かいます。この辺りのトレイルは道が細かったり足場が悪かったり、はたまた気持ちよく走れる区間もあったりしてメリハリが効いてました。そして第1チェックポイントに到達、ここまで15km走破で2時間10分ぐらい。



ここからこのレースの名所と申しましょうか、激登りの始まりです。。。。。
f:id:ebixile:20150713175926p:plain